飼い主さんがネコちゃんに同じキャットフードを与え続けることにも問題は見付けることが出来ます。最近では、キャットフードの情報などをインターネットでチェックすれば、ローテーションでキャットフードを与えるようにしたほうがいいという声も聞こえて来ます。他にもいろいろ理由があり、このような方法は案外ネコちゃんに対してのグッドアイデアかもしれません。

そしてやっぱりネコちゃんは、牛や魚に反応するケースが多いというのも、キャットフードに使用されているのもこのような食材が多いからです。まだまだ解明不足な面もありますが、ネコちゃんがアレルギー体質になったとき、一番最初にしなければならないのは、どのようなキャットフードをあげていたのかしっかりチェックすることです。

たんぱく質源の多いキャットフードだったのか……ということをいちいちメモ書きしてみてください。ネコちゃんがアレルギーになったとき、引っ掻く、舐める、下痢、脱毛、お腹がはったり鳴ったり、嘔吐するなどの症状が起こります。ネコちゃんがアレルギーになったのにアレルギーになったことすら知らなかったというのはもはや飼い主さんとしての資格はゼロと考えていいでしょう。最近ではアレルギー治療用のキャットフードなどが販売されていますので、そのようなものもチェックしてみましょう。