アレルギー用のフード

飼い主さんがネコちゃんに同じキャットフードを与え続けることにも問題は見付けることが出来ます。最近では、キャットフードの情報などをインターネットでチェックすれば、ローテーションでキャットフードを与えるようにしたほうがいいという声も聞こえて来ます。他にもいろいろ理由があり、このような方法は案外ネコちゃんに対してのグッドアイデアかもしれません。

そしてやっぱりネコちゃんは、牛や魚に反応するケースが多いというのも、キャットフードに使用されているのもこのような食材が多いからです。まだまだ解明不足な面もありますが、ネコちゃんがアレルギー体質になったとき、一番最初にしなければならないのは、どのようなキャットフードをあげていたのかしっかりチェックすることです。

たんぱく質源の多いキャットフードだったのか……ということをいちいちメモ書きしてみてください。ネコちゃんがアレルギーになったとき、引っ掻く、舐める、下痢、脱毛、お腹がはったり鳴ったり、嘔吐するなどの症状が起こります。ネコちゃんがアレルギーになったのにアレルギーになったことすら知らなかったというのはもはや飼い主さんとしての資格はゼロと考えていいでしょう。最近ではアレルギー治療用のキャットフードなどが販売されていますので、そのようなものもチェックしてみましょう。

{ Comments are closed }

アレルギーの原因

アレルギーは飼い主さんが安心と思っているキャットフードのたんぱく質が原因となっている場合もあります。ネコちゃんは肉食の動物です。一般的なキャットフードには穀物が多く含まれているのでネコちゃんの場合、消化しにくいという結果報告もあり、食べ物アレルギーを発症してしまうことも考えることが出来ます。

どのネコちゃんも該当するということではありませんが、食べ物アレルギーを起こしやすい食べ物として牛肉や魚、鶏肉、乳製品、とうもろこしなどをあげることが出来ます。食べ物に含まれているたんぱく質は、なんでも原因物質とは言われていますが、どのたんぱく質に反応を示してしまうのかはそれぞれのネコちゃんによって違う問題です。

炭水化物はあまりアレルギーに関係はないとも言われていますが、炭水化物にだって5~10%あたりのタンパク質が含まれているので全く無関係ということではありません。

更にキャットフードには合成着色料や人工香料、合成酸化防止剤などが入っていて、ずっとそのようなキャットフードを食べ続けることでネコちゃんの肝臓や腎臓、甲状腺機能などが弱ってしまい、免疫が低下して起こることも原因として考えることが出来ます。そもそもそのようなことを考えるとずっと同じキャットフードを食べ続けることには問題がいささかありそうです。

{ Comments are closed }

猫もアレルギーになる

飼い主さんは可愛いネコちゃんのためにどのようなキャットフードを与えればいいかということも考える必要があります。最近ではキャットフードによるアレルギー反応を示す猫も多いと言われています。最近ではそのようなネコちゃんのためにアレルギー対策としてキャットフードの中身を変えて症状が出るネコちゃんにも対応出来るものを作ってくれている場合もあります。

しかしキャットフードというものには、飼い主さんも相当用心する必要があり、ある実験の結果ではキャットフードの肉のDNAテストをしたところ、なんと約40%が表示偽装の疑いがあったというお粗末な結果が報告されているのです。 プレミアムキャットフードだからと言って決して安心出来ない時代とも言えるのではないでしょうか。

ネコちゃんのアレルギーとは食べているキャットフードに何らかのアレルギー反応を起こしてしまうことを言います。生後半年ほどからそのような症状が起こると言われていますが、3ヶ月くらいから症状が出る子もいるようです。

アレルギーを起こす原因物質のことをアレルゲンといいます。本来は免疫によって身体は守られるはずなのですが、守るべき身体に害を与えてしまうことがあります。 アレルギーの原因物質はネコちゃんに大事とされているタンパク質や穀物と考えていいでしょう。 肉、魚、穀物にはたんぱく質が含まれていますが、免疫が弱くなっている時、体内で十分に消化吸収が出来なかったりして起こりやすくなると言われています。

{ Comments are closed }